加齢臭は石鹸でケアする~肌にマイルドソープ~

美容

敏感な肌のメイク落とし

woman

敏感肌でも使用しやすいクレンジングの人気の理由の一つは、肌への刺激が少ない事が挙げられるでしょう。今後も新発想のクレンジングなどを人気ランキングなどから把握して、肌により良いクレンジングを選びましょう。

Read More...

保湿でしっかり肌ケアを

woman

乾燥肌を放置していると肌のバリア機能がきちんと働かないため、より乾燥が進んだり外部からの刺激にも敏感になりがちです。人気のランキングを参考にしながら保湿力や好みの質感の化粧品を選んで保湿ケアしましょう。

Read More...

保湿性に優れた化粧品

美容液

美肌を維持するためには、肌の保湿性をキープすることが必要になる。セラミドやヒアルロン酸を配合している化粧水は保湿性に優れており、シワ取りやシミ取りに大きく貢献する。今後も技術革新によって、化粧水の保湿性はますます高まると予測される。

Read More...

肌にやさしくニオイ撃退

毛根に塗るだけで効果を発揮してくれます。まつ毛を伸ばす方法を参考にしよう。医療用として扱われているアイテムです。

加齢臭を石鹸で改善する場合は、専用の石鹸を使用しましょう。消臭効果が抜群なため、効率よく臭いを解消することが出来ます。

ボディソープとの比較

石鹸

加齢臭対策としてよく用いられるのが、加齢臭用のボディソープと石鹸です。どちらを選ぶかは人それぞれの好みにもよりますが、石鹸の方がよいという人にはいくつか共通したコメントがみられます。まず、ボディソープは加齢臭用の商品だと洗浄力が強すぎるので、石鹸の方が肌に負担をかけなくてよいというものです。これは、石鹸が天然の界面活性剤であるのに対し、ボディソープの多くが合成界面活性剤を原料に使っていることが一因とみられます。女性の場合では、石鹸の方を好むという人の多くは、その香りを理由として挙げています。加齢臭用ボディソープには、香料のやや強すぎるものが少なくないというのです。一方、加齢臭用石鹸には比較的マイルドな香りをつけたものが多くなっています。肝心の加齢臭に対する消臭力そのものについては、個別の各商品による効果の違いの方が大きく、ボディソープと石鹸というくくりでの効果の単純比較は難しいといえます。

皮脂を取り過ぎないために

加齢臭が気になり始めた人は、自分のニオイを落とそうと、入浴時には必死になって体をこすり洗いすることがよくあります。しかし人間の体は皮膚の油分が失われると、乾燥による細菌感染等を防ぐため、さらに皮脂を分泌します。したがって、加齢臭解消のために体を洗う際は、よく泡を立ててから肌をなでるようにそっと洗うのがポイントです。昔の石鹸は気温が低いと泡立ちのよくないことがありましたが、最近の加齢臭用石鹸は手でもよく泡立つものが多くなっています。ナイロンタオルなどで加齢臭用石鹸をこすればさらに豊富な泡が出ますが、その場合は直接ナイロンタオルで肌をこすると刺激が強すぎるので、手に取った泡を肌にすべらせて洗うようにしましょう。